塗装の流れ

1.仮設足場工事

足場の工事

足場を組んで安全な現場を作り、飛散防止のためシートで養生します。
植木や車、門扉などにも細心の注意を払います。

2.外壁の高圧洗浄

外壁の洗浄

高圧洗浄機を使用して、ホコリ、汚れ、藻、コケ、カビ等を洗い流し清浄な面にします。汚れをキレイに洗い流した後に、ひび割れを埋めたりして表面を美しく整えます。この作業の出来が、後の仕上がりにおおいに影響します。

3.壁がういた部分をビス留め

壁がういた部分をビス留め

ビス留めとは、木造モルタルの壁に浮きがある場合に行う作業になります。壁内の構造となる木の部分に向けてビスを打ち込んでいきます。塗装が美しくできる上、壁が浮いている部分の補強にもなります。

4.シーリング(撤去)

シーリング(撤去)

窓などのサッシまわりには、シールという、ゴム状のものが埋め込まれています。このシールの工事をシーリングといいます。
劣化したシールは綺麗な塗装の妨げになるため予め剥がしておきます。

5.シーリング(打ち込み)

シーリング(打ち込み)

剥がした後の雨水の浸入を防ぐためにも、塗装前にシールの打ち直しの交換工事が必要になってきます。専門用語では「打ち替え」ともいいます。

6.塗装部分養生

塗装部分養生

養生とは、塗装しない部分をビニールテープで丁寧に覆い、汚さないようにする作業の事です。吹き付け塗装や手塗り塗装で行う現場かどうかで、養生の仕方も変わってきます。

7.錆止め工事

錆止め工事

卓越したプロの判断で、家の傷みの状況に応じた塗装を施していきます。

8.外壁塗装(下塗り)

外壁塗装(下塗り)

下塗りのおもな役目は、その上から塗る塗料をはがさせないように接着させることです。
外壁・鉄部・木部など家の塗り替えには、さまざまな素材が使われています。素材が変われば下塗りも替える必要があります。

9.外壁塗装(中塗り・上塗り)

外壁塗装(中塗り・上塗り)

塗膜に厚みを持たせるために中塗りをします。ヒビの多い壁は、より厚みを持たせてひびを防止するドロドロとした塗料で塗り替えます。
なお、下地の傷み具合等によって工程数は異なります。また、陽がよくあたる方角では、痛みが激しいので4回塗りをする場合もあります。
塗装に精通した塗装職人が外壁の痛み具合や状況に応じて、通常3~4回塗りで丁寧に仕上げます。

 

10.細部仕上げ塗装

細部仕上げ塗装

養生撤去とほぼ同時に行うのが、この細部仕上げ塗装です。雨樋や鉄部は錆止め塗り後、養生し、外壁の塗装をするので、外壁が終わってからでないと塗装できません。細部にもこだわることで完成時の見え方も変わります。

11.足場解体と清掃

足場解体と清掃

完了までのあいだ、洗濯にも不自由をかけ、足場で窮屈感を感じさせてしまいますが、足場が解体されると、さらに美しくみえます。
その後、掃き掃除をして完了、お引渡しとなります。

12.工事完了~一年点検

工事完了~一年点検

工事から約一年を期に、熟練職人の目で不備はないか等、しっかり確認いたします。お客様のヒアリングも実施し、塗装についてお困りの点がないか確認させていただきます。

13.アフターフォロー

保証期間内において剥離、変退色などの塗装不良が発生した場合には、直ちに最良の処置を施し、遅滞なく再塗装いたします。

お問い合わせはこちらから